美人への道

美人を目指す人の身辺雑記

明日から3月

明日から3月という事実に驚愕を禁じ得ない。


もう何十回も2月を経験してるのに、まだ慣れないどころか、年々スピード感への戸惑いが大きくなってってる。


いい加減にして欲しい。


そんな私が雛祭りを意識しだす頃には、全く準備が間に合わず、今年も御人形は飾らないまま。


今は亡き祖父母が初孫に浮かれて買ってくれたお雛様は、私の家には立派過ぎて、模様替えからしないと飾れない。


昔は今より狭いところに住んでいたのによく飾れたなぁ。


小さい頃の妹は、お雛様をとても怖がっていて、無理やりお雛様の前で撮った写真は全部泣き顔である。


私も少しは怖かったので、悪口は言わないように、そしてたまに『綺麗ですね』と話しかけていた。浅はか。


その時は本当にお雛様が綺麗だとは思っていなかったけれど、大人になってから見てみると、どの御人形も綺麗なお顔をしており、特に若武者はかなりのイケメンで、心の底から『綺麗ですね』『かっこいいですね』『素敵ですね』と話しかけられる。


昔、沢口靖子扮するお雛様が、仕舞いっぱなしで放っておかれて『歯取れてしもたわ』と言うCM(多分タンスにゴン?)があって、未だに印象に残っている。


うちのお雛様もあんなことになっていたらどうしよう。


来年こそは飾ってあげたいなぁ。


今週のお題「雛祭り」

ゲッターズ飯田の五星三心占い

2020年年末、『占いってどれくらい当たるんやろう?』とふと思い立ち、『ゲッターズ飯田の五星三心占い2021金の羅針盤座』という本を購入して、なるべくアドバイス通りに過ごそうと決意。


別に何占いでも良かったのだけれど、元エレ片リスナーなので、ちょっとくらい応援しようかなと。


この本には、2020年9月1日から2021年12月31日までの毎日の過ごし方の一言アドバイスが載っている。


例えば、昨日2021年2月22日だと『逃げることや切り替えることばかり考えないで、今日は前進だけを考えて、目の前のことに真剣に取り組んでいるうちに、自然と道ができます。あなたの姿を見ていてくれる人もいるでしょう』というアドバイス


こういうちょっと分かりづらいのもあれば、初めて行く店で買い物しろとか、活動するのは午前中だけにしとけとか、かなり具体的なものもある。


12月頭に購入し、そろそろ3ヶ月になるのだけれど、既にちょっとめんどくさくなっているというか、『占いのアドバイス通りに生活するのってほぼ無理じゃね?』という気分になっている。


繁忙期の平日に『夕方以降は活動を控えましょう』ってアドバイスは実行出来ないし、このご時世に『誰かを誘って遊んでみましょう』ってのも、難しい。


アドバイスが実行出来ない故に、『こんな占い当たんねーよ!』とも言えず、上手いこと出来てるなぁというのが、この3ヶ月弱の感想。


性格占い的にも、まぁ当たらずとも遠からずで、その辺も上手いなぁと思う。


生年月日と独自の表を組み合わせて、その表にある数を足したり引いたりして、12タイプに分類というまぁよくある占いやけど、占い好きだとついワクワクしてしまう。


独自の表とはいっても、他の占い(何占いだったか覚えていない)でも同じ数字を使ってたから、多分古典的な基礎があって、それを各々が現代風に解釈、アレンジしたものがたくさんあるんだろうなと思う。


そう、私は占いが好き。


占いが好き、というとちょっとフワフワして頭が弱そう、とか変なスピリチュアルグッズ売りつけてくるんじゃねーか変なグループに勧誘してくるんじゃねーか、とか警戒されそうなので、あまり人には言ってない。


実際、私も関係の浅い人に『占い好きなんです』って言われたら、とりあえず警戒する。


私は占いのことを、世界の見方の一つだと思っている。


多分現代の日本人は、西洋科学を基にして、世界を解釈している。


西洋科学だと、何かが生まれた日と、生まれたものの性質には因果関係なんてあり得ないから、そこに因果関係を見出す占いは、怪しく見えるのだろう。


私はもちろん西洋科学を信じてるけど、西洋科学でも説明しきれない余白の部分に何を当てはめるか、色んな説を知るのが楽しい。


というわけで、そういえばこれってお題にふさわしいんじゃない?と思い出したので、お題2度目だけど書いてみた。


今週のお題「告白します」

&be UVカットミルク 2/28追記

2/28追記
白浮き問題は、付けすぎ、付け方が問題だったのか、手のひらに伸ばしてから、顔に押しつける感じにすると、そこまで白くならない(色んなレビュー読み漁った結果分かった)
しかし、何となく乾燥してる気がする。
これのせいなのか、気候のせいなのかはまだ分からない。
追記終わり


買ったのは1ヶ月前だけど、使い始めたのはつい最近というか昨日から。


AesopのプロテクティブフェイシャルローションSPF25を使い切ったので、その代替。


Aesopをリピートしなかった理由としては、購入のハードルが高かったから。


店舗で買うと、接客されちゃうし(まぁ接客されなかったとしたら、パッケージが分かりづらすぎて多分目当てのモノを探し出せないとは思う)、ネットだと6,000円以上買わないと送料タダにならんかったのよね(私が買おうとしたときの話)。


で、表題の製品に乗り換え。


乗り換えの理由は、このブランドをプロデュースしている河北祐介というメイクアップアーティストのYouTubeの影響。


紛うことなきおじさんの肌が一瞬にして、トーンアップして発光しだしたので、『え、欲しい』となり、東急ハンズで買ってきた。


河北祐介さん、雑誌で見てた頃は、なんかしゃらくせえなって思ってたし、YouTubeチャンネルでもモデルさんとか女優さんとか元が綺麗な人ばっかり出てきてるっぽいから、食わず嫌いしていたけれど、本人が雑な女装して、コテコテの関西弁で、寒いオヤジギャグ飛ばしながらセルフメイクしてる動画を見て、ハマってしまった。


で、実際自分で使ってみた感想としては、まだよく分からない…


期待しすぎたのかも。


確かにトーンアップしたといえばしたけど、白く浮いてるような気がしなくもない。


誰かに白浮きorトーンアップの判定して欲しいな。


遠くから見たら綺麗なんやけど、近くで見たら、ゴワゴワしてる感じが際立ってる気がするのよね。


まぁ日常生活でそんな近くで肌を観察されることって無いから、これでいいのかな。


今まで使ってたものより固いクリームで、上手く伸ばせなかったので、少し付け足した結果、量を使いすぎてる、という可能性も大いにあり得るので、本当何とも言えない。


そして今の素肌の状態がそんなによくないってのもあるかも。


匂いは柑橘系の爽やかな感じ。


SPF50で、顔にもからだにも使えて、石鹸で落とせるってのは良いと思う。


そしてAesopより安い。


結局そこかって感じやけど、大事な要素。


でも使用感は、Aesopの方が好きやなぁ。


とりあえず、使い切りを目指す。

今日の買い物

UNIQLOワイドフィットカーブパンツ01off white
→なんと税抜390円。長年白パンツに憧れながらも『どうせ汚すしなぁ…』と購入を見送ってたけれど、この値段なら、たとえ1回しか穿けなくても後悔は薄いだろうと即決。これで良かったら、これから心置きなく白パンツ買えるし、イマイチだったら今後は未練無く諦められる。



もうすぐ春ですね。何を着よう。


いつも迷ってるうちに季節が過ぎ去っていってしまう。特に春と秋。


人間も犬猫みたいに毛皮着てたらよかったのに。

カテゴライズ

思い立って、これまでの記事をカテゴリー分けしてみた。


『ほぼ全部雑記じゃねーか!!』という心の声は無視。


MECE?な感じにしたかったけど無理だ。


以前の私は、妙に完璧主義なところがあって、あーでもないこーでもないと本棚の中身をいじくり倒していたことがあるけれど、今はそういう緻密な分類ができるタイプではないことを認めている。


とりあえず、自分が定点観測したくなりそうな事柄でまとめた。


なんだかんだで50記事もよしなしごとを書いてたんだな。


あとは、自分が更新時にカテゴリー分けを忘れないことを祈る。

口内炎対策

口内炎対策も兼ねて、毎日ビタミンBとCのサプリを飲んでいたのに、予備軍が上唇裏に発生してしまったので、新たな対抗手段を試してみた記録。


サトウ口内軟膏8g。


近所のダイコクで700円くらい。


軟膏を患部に塗るタイプのもの。


ゼリー状のものが患部に留まり、消炎、殺菌効果を発揮してくれるらしい(薬剤師さんをとっ捕まえて聞いた訳ではなく、私の解釈)。


売り場には似たような値段の似たようなものが数種類あって、成分表見ても、トウシロには何がどう違うのか分からず、象可愛いよねってことでこれを選んだ。


丸い小さなパッチを貼り付けるタイプのものもあったけれど、以前職場の人が『寝てるうちに飲み込んじゃってた』という話をしてたので、今回は選択肢から除外。


パッケージには『食べ物がしみる・しゃべるのがつらい』という文言があったので、本当は日中活動する前に塗った方が、ありがたみが分かりやすいのかもしれないけれど、『会社帰りに購入』『歯みがき後に塗りたい』『一刻も早く試したい(予備軍から成長させたくない)』という諸々が重なって、今回は夜寝る前に塗ることにした。


この手のものを使うのは初めてで、塗布する適量もよく分からず、場所が上唇裏ということで、大半が前歯の隙間に付いてしまった。


薄い青色で、ハッカ風味のペーストだった。


無味とまでは言わないけれど、極端に苦いとかマズい味はしない(直接舐めてみた味ではなく、唾液で溶けて口の中に巡った味の話)。


塗って数分すると、薄い青色から白色に変化して、固まった。


朝起きて、確認したら、薬はちゃんと患部に留まっていたし、拭い取ったら、予備軍は消えていたので、効果はあったと思う。


ただ、いつもより早く寝たのと、ビタミンDも投入したので、100%この軟膏のおかげかは分からない。


まぁ『口内炎への対抗策が増えた!』っていう安心感はあるので、買ったことへの後悔は無い。


他の種類も試してみたいけど、当分無くならなさそうやなぁ。

実は私

このブログを始める前は、『現実とは違う誰かになりきりたいな』とか『属性の分からない感じの文章を書きたいな』なんて思ってたけど、実際始めてみると、普通に事実を書いちゃっている。


日常生活をすべてここにさらけ出している訳ではないけれど、改めて『実は私』なんて告白するようなことが見つからない。


隠してることがないわけじゃないけど、隠してることには、やっぱり隠すだけの理由があると思う。


他人からすれば、大したことのない隠しごと、隠しごとと呼ぶにも大げさな小さなことだけれど、面と向かって告白されたら困ると思うんだよね。


お互いが、隠すべきことをしっかり隠しているから、平穏な日常生活が送れている面もあるはず。


実は好きです、とか実はあなたのことを可愛いと思ってます、とか一見ポジティブな内容でも、関係性によっちゃ、相手に恐怖を与えちゃう訳で。


そんなことを考えてると、言えないことが増えてくるから、そういうことをブログに書いてスッキリできたらいいのだけれど、難しい。


本音がポリコレ的に正しかったり、場の常識に一致する人になりたかったなぁ。


兎角にこの世は住みにくい。


今週のお題「告白します」